割り勘とは、飲食代やサービスを二人以上の複数で
享受した際の支払いを受けた人数で均等して負担することです。

たとえば、大学生や会社員が放課後や、
就業後に複数で入った飲食店の支払いを人数割りしたり、
複数で旅行に行った際に利用した車のガソリン代や高速料金の合計を
車に乗った人数で割って一人当たりの金額として支払うことなどです。

この割り勘制には時代とともに変化がありました。
分かりやすい例として現在とバブル期を比較してみましょう。

二つの時代で差が顕著なのは大学生や若手社会人による
男女間での割り間の場合になります。

バブル期当時は男女二人であろうと合コンなど複数であろうと
男子の支払いは全額であったりしました。

男女人数が3人対3人の6人のような場合でも
男子がそれぞれ1/3を支払い女子が無料というのが当たり前の時代でした。

たとえ女子が支払う場合でも、男女間の支払い比率は大きな差が見られました。
それが現在では千円単位で端数を男子が余計に支払う程度まで同等になってきています。
なお、会社員の場合の割り勘制はもう少し複雑で
男女間の支払い比率の他に役職間での支払い比率の差も
バブル期の方が大きくなっていました。

これらの原因は割り勘を行うグループ内での収入の差が
比較的小さくなってきたことも理由として存在します。
収入の差は割り勘時点での収入だけでなく
将来予想される収入も含めて考えられていました。

学生のデートは割り勘が当たり前になっています。

男性がデート費用を出すのは当たり前という時代は終わりました。
二人ともお小遣いやアルバイトの収入のみだからこそ
同じように支払いをするのが通常になっています。

そしてどちらか一方に負担が多くなってしまうと
デートしづらくなってしまいます。

結構な費用がかかると相手も不満が溜まってしまう可能性もあります。
お互いに気持ちよくデートをするためには割り勘にするのがベストなのです。

そして払ってもらってばかりいると気が引けて
合う回数も減ってしまう場合もあります。
相手に気を遣わない自然体で過ごせるのが割り勘です。

好きな人に負担ばかりをかけてしまって無理をさせるのは辛くなってしまいます。
ずっと年上の社会人の恋人だと同じように割り勘をするのは
ケチだと思ってしまうかもしれませんが、
お互いに学生同士であれば無理のないデートが安心です。

お金をかけなくても楽しめるデートを考えたりするだけでも楽しくなります。
無理のない範囲でデートを楽しむ方がストレスに感じず長続きします。

背伸びをし続けてしまうとどちらもしんどくなってしまいます。
自然体で過ごせるかどうかがとても大切だから学生なら割り勘が安心です。

デートでレストランなどで食事をしたとき
男性が女性の分を支払うのが一般的とされてきましたが、
さいきんでは女性も社会進出が進んで
男性と同じような職業に就くようになったので、収入も増えました。

そのため、レストランなどで支払いをするときに割り勘しないで、
女性が収入が多いときは女性が支払うことが当然になっています。

収入が多いほうが払うことは当然なので、
男性や女性といった性別は関係ありません。

ですが中には収入は少いが、FXなど副業で稼いでいる人もいます。
ちなみにFX少額からはじめたい人どこがいい?という事で、
このサイトを紹介したいと思います。

siharai.jpg
友達同士で食事をするときも、学生であれば割り勘することもあるでしょうが、
社会人となると割り勘をせずに収入が多いほうが支払うを済ませるのが
当然とする傾向があります。

割り勘しないほうが、お店にとってもスムーズにお会計をすますことができるので、
傍目にもスムーズに見えます。

ただ、収入が多いほうが支払いをするのは当然だとしても、
支払ってもらった側は感謝の気持ちを忘れてはいけません。

少々の金額でも、おごってもらったことにはかわりありませんから、
一言ありがとうという言葉を伝えるのがマナーになっています。

また、おごってもらうことが当然だと思い込まないようにする心がけも必要です。

そしておごってもらうばかりではなく、誕生日や記念日など特別な日には、
収入が少ない場合でも、日頃の感謝やお礼の気持ちをこめて
支払いを請け負うようにするといいでしょう。

一般的には食事などへと行った際には、
男子が同席した女性の分まで支払い、
割り勘しないといった事がスタンダードであるとされています。

これは日本だけに留まらず、世界の共通認識とされており、
それ故にそのイメージがより強くなってしまっているといっても
過言ではないと言えます。

しかし、近年の日本においては
それがスタンダードではなくなって来ているといった姿が垣間見られます。

特にゆとり世代以降の、いわゆるデフレ時代に生まれ、
育ってきている若年層の方たちにとっては、
この考え方はそぐわないといった傾向があると言えます。

彼らの多くは、幼少時からあまり景気に踊らされている
周囲を目の当たりにする事もなく、ファストファッションに身を包み、
ファストフードを口にして育ってきた世代であり、
それ故にその振る舞いよりも、如何に無駄なく堅実に
生活を送れるかといった点に重きを置く事が
スタンダードであるといった背景があるからです。

そしてそれと同時に、
女性の社会進出が本格化していったといった事が重なった事も大きいと言えます。

その為に、変に男子に自分の分の食事まで負担させて窮屈な思いをするよりかは、
自分の分は自分で負担する方を選択する女性も
増えて来たといった背景もあるからだと言えます。

とはいえ、やはり男子が支払うほうが恰好がいいという考えの人も多いでしょう。

そんな時は、副業などをしてちょっと臨時収入を増やしてみることをオススメします。
こんなキャンペーンを利用するのがいいでしょう→http://xn--fx-1b4awkka1c1eb0j7hya4093g8qyf.net/

デートをするとき割り勘性にしていますか。
男性がデートの代金は支払いをするものと決めつけるのはナンセンスです。

かつては男性は支払うのが当たり前でしたが、
女性も社会進出する時代となり割り勘が主流となってきました。

以前のように男性の収入が高いと明らかな時代ならいいですが、
無理をさせてまで支払をしてしまうと負担になってしまいます。

ストレスが蓄積されていきデートが楽しくないと感じられてしまう可能性もあります。
だからこそお互いに無理なくデートできる割り勘性でデートをする方が安心です。

少ない給料でも楽しくデートをするためには負担をかけ過ぎてはいけません。

交際自体を長続きさせるためには、お互いを大切にすることが必要です。

お金の問題は結婚を考えているならなおさら重要な問題です。

なかには投資をしてお小遣いを増やそうとしている人もいます。
例えばFX初心者にはおすすめの業者などが紹介されていますので、
参考にして挑戦してみるのもいいでしょう。

お互いの金銭感覚がしっかりとしているのかなど今後に繋がります。

だからこそ無理をさせ続けないようにするべきです。

どちらかに余裕があるときは多く出したり、
何か記念日などにはプレゼントをするなどするといいでしょう。

有効な関係を築くためには相手の懐のことをしっかりと考えることが大切です。
出してくれて当たり前の考えではすぐに関係が終わってしまいます。